OUT OF ORDER 地元情報
FC2ブログ
富士山静岡空港を見学してきた・・・みたいな話とか。
2011 / 05 / 30 ( Mon )
・・・朝方はけっこうな勢いで雨が降っていた静岡県西部地域でしたが、とりあえ

ず午前9時前くらいには雲の間から青空も見えてきて、午後までには真夏の様

な陽射しの強い天気にもなりました・・・まだ空には雨雲もちらほらと残っていま

すが、今日はとりあえずもう傘は必要ないんじゃないかな・・・まぁ、そんな感じで

出勤前のうだうだ時間を過ごしている所です・・・。





静岡空港





今日は午前中に富士山静岡空港を見学してきました。




浜松生まれ磐田育ち、現在浜松在住の僕にとって、磐田市よりも東の県内の地

理についてはそれほど今まで関心がなかったので、感覚的にはだいぶ浜松から

は遠いところにある空港だと思っていましたが、朝の渋滞の時間でも1時間20分

位で空港までたどり着く事ができました・・・さっきまでの豪雨がウソのように止ん

で、地面からの蒸発する水蒸気がとても蒸し暑く感じられました・・・今年は梅雨

明けも早かったりするのかな?計画停電の可能性の事を思うと、できれば過ご

しやすい夏であってほしいんですけどね・・・。





FDAの飛行機





・・・空港に着いた時には1機も旅客機の姿がなくて、まぁ、例によって適当に観に行

ったんだし仕方ないよなぁ・・・とか思っていたら、国内線の福岡からの旅客機がちょ

うどいいタイミングで降りてきました・・・FDA(フジドリームエアラインズ)で現在運行

している機体は5機あって、こちらの赤いのは1号機なんだそうです(ピンク色の3号

機もいつかまた見てみたいです)・・・まぁ、そんな感じで、周囲をお茶畑に囲まれた、

のどかで静かな雰囲気の空港、ってのも、あわただしい雰囲気の空港とはまた違っ

た楽しみ方があったりするのだな・・・みたいな、そんな時間を過ごしてきました・・・。






・・・では、今日もこれから仕事に行ってきます。












スポンサーサイト



テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

13 : 52 : 02 | 地元情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
万葉の時代も今も、花を見て思う気持ちは変わらないんだろうな・・・みたいな話とか。
2011 / 04 / 29 ( Fri )
・・・今日はたまたま休日でもあり、本当は午前中には起きてドライブにでも出か

けるつもりだったのですが、ついつい寝過ごしてしまって、午後からの活動となっ

てしまいました・・・とりあえず生活環境の改善の為、って事で、たぶんもう読み返

す事のなさそうな本達をブックオフに売りに行くことにして、まぁ、そのついでに仕

事用の写真が撮れそうな場所はないかな・・・そんな感じで、いつも良く訪れてい

る県立森林公園に行く途中で見かける看板が前から気になっていた、浜北区に

ある『万葉の森公園』ってところに行ってきました・・・。





万葉の森公園にて。





・・・公園のある浜北区(以前は浜北市でしたが、少し前に浜松に吸収合併されまし

た)では、万葉集に4首の歌が詠まれているとの事で、万葉集との縁を通じて造られ

た公園らしくて、園内の木々や草花のそれぞれに、万葉集時代の呼び名と現代での

名前、あと、その草木が詠まれている代表的な歌の書かれたプレートが設置されて

いて、現代での呼び名はもちろん知っているような草木でも全然想像もつかない名

前で呼ばれていたりしていて、新緑の中をのんびり歩きながら、けっこういい勉強に

なって良かったです・・・園内もそんなに広くないし、家族連れやカップルの人がお金

をかけずに過ごすのには、なかなかいい場所なんじゃないかと思いました・・・。





おきなぐさ。




・・・いちおう今回は多少の下調べをしてから訪れたのですが、今回自分が観たかっ

た植物のうちの一つ、オキナグサの写真です・・・ぱっと見で花のように見えている部

分(咲き終わった花の実の部分)から出ている白い綿毛を老人の頭に見立てて、名

前を翁草(おきなぐさ)と付けたそうです。万葉集には『根都古草(ねっこぐさ)』という

名前で詠まれてるみたいですね・・・。





おきなぐさ。




いい写真が撮れてなくてごめんなさい・・・手前の方に写ってるのが花です。キンポウ

ゲ科の植物との事で、小さい頃に親戚の家にあった『キンダーブック』(フレーベル館

から出ていた子ども用絵本)で覚えた、『キンポウゲの仲間=有毒』、っていう知識を

思い出したりしていたのですが、やっぱりこのオキナグサも有毒の植物のようです・・・

っていうか、今思うとなかなかマニアックな情報が書かれていた絵本だったんだなぁ、

キンダーブックって・・・多分もう処分しちゃって残ってないと思うけど、残ってたらヤフ

オクとかでそこそこの値段で売れるんだろうな・・・みたいな、おそらくはこの公園を造

った人達の想定したであろう内容とは全く関係ない話を思い起こしながら、太陽が沈

み始めた園内をひとり淋しく歩いて回っていたのでした・・・。





やまぶき。





・・・今回はあともう1種類、ウワミズザクラっていう木の花も見てみたかったんですけ

ど、自分の探し方が悪かったのか、その花が咲いてる所を見つける事ができなくて残

念でした・・・まぁ、その代わりに、っていう程でもないけど、久しぶりにヤマブキの黄色

い花を見つけて、高校時代の通学途中の公園でよく見かけたよなぁ・・・って、当時の

部活の仲間の事なんかを思い出したりして、あぁ、そんな自分ももうじき40かぁ・・・み

たいな、過ごしてきた時間の長さを噛み締めながらの散歩というのも、まぁ、いい天気

のお陰もあって、なかなかにいい気分転換の時間になったみたいでした・・・万葉の時

代も今も、同じ季節が来るたびに当たり前のように咲いていてくれる木や草の花に対

して感じる気持ちは変わらないんだろうな・・・みたいな、まぁ、とりあえずそんな感じで

あります・・・。
















テーマ:日記 - ジャンル:日記

21 : 54 : 13 | 地元情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
近所で名人戦の対局があったので観に行ってきた・・・みたいな話とか。
2011 / 04 / 22 ( Fri )
・・・昨日は指が痛くなって何もしない一日だったのですが、とりあえず近所で

将棋の名人戦っていうおっきなタイトル戦の対局が開催されていたので、まぁ、

なかなか近場でそういう催しを目にするチャンスはないだろう、って事で、特に

将棋に詳しい訳でもなんでもないのですが、その対局の解説会場にまで足を

運んでたりはしました・・・さすがに羽生さんや森内さんには直接会えませんで

したが、対局の大盤解説は現役の棋士の方がやられていて、あー、大盤解説

ってもっと緊迫した雰囲気でやってるのかと思ったけど、けっこうざっくばらん

な感じなんだな・・・っていうのが分かりました・・・。





大盤解説会場





・・・僕が会場に着いた頃には、既にだいぶ挑戦者の森内九段の方が優勢な感じ

になっていたみたいで、何人かの棋士の方が入れ替わりで解説をしてくれていた

のですが、途中から解説を担当された、木村一基八段の解説の第一声が『やる

事がないのよ・・・』だった位の、もうほとんど勝敗は決まったような状態だったみた

いでした・・・まぁ、それでも実際の対局では何が起こるか分からないし、とりあえ

ず夕方の5時位までは観てようかな・・・って思ってたら、4時半頃に羽生名人が

負けを認めて投了して、会場に設置された大画面上で羽生さんの頭を下げる所が

映し出された時には、辺り一面からどよめきの声が聞こえてきて、すごく臨場感が

あって良かったです・・・羽生名人は昨年2月に掛川で行われた、久保利明棋王と

の王将戦の対局でもたしか負けちゃってたと思うし、静岡県とは相性が良くないん

ですかね・・・まぁ、将棋の難しい話はさっぱり分かんなかったけど、大画面に映し

出される羽生さんのほっそい手首がすごく印象的でした(将棋の駒を打つ縦のマ

スの2列分くらいしかなくて、ほんとに将棋の駒より重いものを持ったことが無い

んじゃないの?って位に細くて華奢な感じに見えました・・・)。






・・・これで森内九段は2連勝となり、7番勝負で先に4勝した方が名人位となるの

で、久しぶりの名人復位に向けて順調な出だしとなりました。逆に羽生名人にとっ

ては苦しい展開になっちゃいましたね・・・名人戦の中継時間を大幅に残しての終

局となり、その後の番組がどうなったのかも少し気になりましたが、予定通り夕方

の5時頃には会場を後にしてアパートに戻りました・・・羽生さんと森内さん、どちら

が名人になっても何もおかしくないと思うけど、できればフルセットまでもつれて、

見応えのある対局をたくさん見せてくれる事を期待します・・・まぁ、とりあえずそん

な感じであります・・・。







テーマ:日記 - ジャンル:日記

13 : 17 : 36 | 地元情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
浜名湖ガーデンパークに行ってきた・・・みたいな話とか。
2011 / 04 / 14 ( Thu )
・・・今朝もまだ腰が痛くて筋肉痛で身体がだるいですが、昨日歩き回って見てきた

浜名湖ガーデンパークの写真を紹介してみます・・・4月からは職場での担当業務

も増えて、以前から有効活用できていなかった時間の使い方がさらにシビアになっ

ていきそうなので、頭で考える前にとりあえずブログも時間をかけずに書いていこう

と思っています・・・。






ガーデンパーク入口







・・・先日行ってきた『はままつフラワーパーク』よりもさらに浜名湖の半島の奥まで行

った場所にあり、辿りつくだけでもけっこう時間がかかりました・・・公園の広さもフラワ

ーパークよりずっと広くて(フラワーパーク約30万㎡、ガーデンパーク約56万㎡)、花

などの見どころも園内のあらゆる場所に散らばってたりするので、歩くのが好きな人と

か、わりと時間に余裕のある人向けの観光スポットだと思います・・・2004年に浜名湖

花博が開催された時に比べると、だいぶ園内の植物の本数は減っているのは淋しい気

もしますが(まー、現在は入場無料なんだし、維持費とか考えたらそれでも十分に管理

されています)、当時の雰囲気もそれなりに残っていたりして、個人的にはとても好きな

地元観光スポットの一つです・・・。






モネの庭







花博開催~つい最近までは『モネの庭』と呼ばれていた場所(今でもわりと皆そう呼んで

る人は多そうですけどね)で、たしか本家からケチがついたとか何とかで、現在は『花の

美術館』と呼ばれている場所(建物には入れそうになかったです・・・詳しくなくてごめんな

さい)があるのですが、まー、花の写真を撮るならそこがとりあえず一番オススメみたい

です・・・日常的にあまり暖色系の色のものを使う機会がない自分にとっては、赤や黄色

やオレンジの花の色を見ているときの感覚って、何だかすごく脳が喜んでいるのが分か

るような気がするし、まー、単純に見ていてキレイだなぁと思います・・・。




モネの家の前の花壇





モネの池






・・・しっかりと『花壇ですよ!!』って造りこんである場所の花達もすごくキレイだし

見応えがありますが、そうでもない部分のちょっとした雰囲気にすごく惹き込まれま

す(もちろん、そういう部分にもしっかり管理している方の手入れが行き届いているか

らなんでしょうけどね)・・・またスイレンの花の咲く頃にでも、時間に余裕があれば行

ってみようと思ってます・・・。







・・・さて、きれいな景色や花達を見て気持ちを切り替えたら、現実の自分の状況にも

手入れをしていかなくてはね・・・まー、自分の管理者は自分なんだよなぁ・・・そう考

えると、たしかに悩んでいる時間が惜しいようにも思えてくるし、時間の使い方には優

先順位って必要だよなぁって思えてきます・・・まぁ、とりあえずそんな感じであります

・・・。







テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

10 : 19 : 16 | 地元情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
はままつフラワーパークにて思った事とか・・・。
2011 / 04 / 12 ( Tue )
・・・昨日はとてもいい天気だったので、午後から浜松市西区舘山寺町にある『はま

まつフラワーパーク』
に行ってきました。2009年に『浜松モザイカルチャー世界博』

が開催された際には、年間パスポートまで購入して何度か足を運んだりもしました

が、この季節に行くのは意外と初めてのような気がします・・・先週末の雨で桜もだ

いぶ散っちゃったんじゃないかな・・・って思っていたのですが、思ったよりもまだ花

が残っていました・・・。






ちゅーりっぷ







・・・えーっと、とりあえず外観の写真は撮り忘れてしまいましたが、入口を抜けると

すぐにこんな感じの春らしい花壇とか鉢植えがいっぱい出てきて、半二日酔い状態

の黒ずくめの中年男性とのギャップがあまりにもひどくて、一瞬『自分はここに居ち

ゃってもいいのだろうか?』みたいな気分にもなりかけましたが、まぁ、やっぱりこうい

う単純にきれいなモノを目にしている間って、どうやらネガティブな事はあまり長時間

考えていられないらしくて、すぐにそんな事はどうでもよくなってしまいました・・・。





しだれ桜






・・・チューリップもいろんな色とか形とか背丈のものが植えてあったけど、桜もソメイ

ヨシノばかりでなくて、八重咲きの奴とか花が白っぽいのとか、写真の桜のように枝が

しだれ気味の奴だとか・・・まぁ、種類の違いにまでは僕もそれほど関心はないのです

が、そのいずれも一様に美しい景観を作り出していて、とても心地よい時間を過ごす

事ができました・・・カップルや小さい子供を連れた若い夫婦、あるいは老夫婦の姿を

見ても一切気が滅入ることがないというか、まぁ、確かにこの場所では、そっちの方が

生物的に正しいんだ・・・みたいな、日頃どれだけ聞かされても反発したくなる言葉に

も素直に従ってしまいそうな空気感に満ち満ちていて、まぁ、自分もいつかはなぁ・・・、

って、そう思わずにはいられない位でした・・・うっかりテンションが低い状態で訪れて

いたらやばかったかもしれません・・・あー、幸せとは何と恐ろしいのでしょう・・・!!






チューリップの道






桜とチューリップ





ちゅーりっぷ






・・・桜の花びらが舞うこんな景色の中をとぼとぼ歩きながら、とりあえず現状からは

何としても脱出して、自分も分相応の幸せを得られるよう、少なくとも人並みの努力

は継続していこう・・・まぁ、そんな風に思えただけでも良かったんじゃないかな・・・そ

んな感じであります・・・。







テーマ:日記 - ジャンル:日記

06 : 07 : 17 | 地元情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>